deedee日記

こんにちは!deedeeスタッフの関谷です(*´▽`*)

今回のブログテーマは「辛さ」に着目してお伝えしていこうと思います!


夏になると様々な飲食店やコンビニでも『激辛!』というフレーズをよく見かけます。暑いときこそ辛いものが食べたくなったり、暑くて食欲がなくなっている時でもなぜか辛いものは食べたくなったり、、。

私自身辛いものは好きなので不思議に思っていました。





それでは!なぜ暑い時に辛い物を食べたくなるかをご説明いたします!

それは脳が自律神経の働きを活性化させようと身体全体にサインを送っているからと言われています。

自律神経は無意識のうちに胃腸の働き心臓の拍動代謝や体温などの身体の機能を調節しています。

トウガラシなどの辛み成分、カプサイシンを含む食べ物を摂取すると体温が上がり汗をかきます。その汗を利用して身体が熱を冷まそうとします。

カプサイシンはほかにも、消化器の血流を良くして胃の粘膜を保護したり、代謝を高めて脂肪燃焼を助けたりする作用もあるとされています。




ざっくりと言いますと、暑さによる体調不良をカバーするために辛み成分を摂取させようと脳が味覚にうったえ掛けていたんですね(@_@)💡






辛いスパイスを摂取すると【消化器の血流が増える】、【代謝が向上する】、【発汗作用を促す】と夏の暑い季節を乗り越えるための対策としては良い作用が多いんです☆


しかし取り過ぎは胃に負担がかかってしまうので、
適度に摂っていただくことがお勧めです(^^)/

皆様の夏バテ対策の参考になれば幸いです(*^-^*)



⭐︎急にdeedeeに行きたくなったら♪
いつでもどこでもスマホで24時間簡単予約!
わずか5ステップで予約完了の便利な予約フォームはこちら https://mitsuraku.jp/pm/online/index/z2b9r2

⭐︎のんびりタイムや移動中のスキマ時間にサクッと読める♪
 健康ネタや裏話などの「deedee日記」スマホのホーム画面に追加して頂くと
 スタッフが喜びます^ ^
http://deedee.tokyo

⭐︎deedeeアプリはじめました♪
 スタンプ機能もついてるのでリピーター様に好評です!
 ダウンロードするにはApple Storeもしくは、GooglePlayで
 deedeeと検索お願いします。