deedee日記

こんにちは、

deedeeの有賀です。

 

2019年も残りわずかですね。

寒い日が続き、体調も崩しがちなので、

ご自愛くださいませ^^

 

さて、題名の通り、

「こんにゃく湿布」をしっていますか?

 

胃腸病・風邪・熱・慢性病・がん・高血圧
腎臓病・肝臓病・糖尿病・結核、その他疲労などに良いそうです。

 

じつは、わたしごとですが、猫をかっています。

 

愛猫は、末期の腎不全でいきつけの獣医師さんに

すでに治療の手はないといわれ、現在しているのは延命治療のみです。

わたしにとっては唯一の家族なので、

せめて我が家でゆったり苦しまずに、

すこしでも楽になるものはないかとさがしてところ、こんにゃく湿布に出会いました。

 

 

もともとはがんのかたなどに、

民間治療として伝わったものですが。

 

が、なかなかあなどれないです。

 

年末ももたなさそうなわが愛猫がこんにゃく湿布(にびわの葉をのせたもの)をはじめたところ、みるみる元気になりました!

それ以来、毎日かかさずにおこなっています。

 

昔から、こんにゃくは「体内の砂おろし」をすると伝えられているそうです。

こんにゃくには、体内の毒素や不要物を取り省く働きがある、とのこと。

 

さて、作り方ですが、

いたって簡単!

 

市販の黒いこんにゃく2つ、(猫だと1個で充分ですが)用意します。

鍋に水から15~20分間ににたててます。

そのこんにゃくをトングなどで(熱いのでやけどに注意)とり、

タオル2枚くらい用意し、くるみます。

 

 

 

こんにゃく湿布の使い方

①タオルでくるんだ熱々のコンニャクを、右肋骨の上にのせて、まず肝臓を20~30分あたためます。

②うつ伏せになり、ウエストの両側の位置にのせて腎臓を20~30分あたためます。

③首の後ろにのせて、首の緊張をほぐします。お臍の下あたりにのせて、下丹田をあたためます。

 

これだけでも結構あついのですが、湿布を抑えるための人間の手もぽかぽかになります。

試しに愛猫がおわったこんにゃくをお腹にあたためたら、かなり気持ち良かったです。

 

だるさもとれ、ぐっすり眠れるそうなので、

試しに一度いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

⭐︎急にdeedeeに行きたくなったら♪
いつでもどこでもスマホで24時間簡単予約!
わずか5ステップで予約完了の便利な予約フォームはこちら https://mitsuraku.jp/pm/online/index/z2b9r2

⭐︎のんびりタイムや移動中のスキマ時間にサクッと読める♪
健康ネタや裏話などの「deedee日記」スマホのホーム画面に追加して頂くと
スタッフが喜びます^ ^
https://deedee.tokyo

⭐︎deedeeアプリはじめました♪
スタンプ機能もついてるのでリピーター様に好評です!
ダウンロードするにはApple Storeもしくは、GooglePlayでdeedeeと検索お願いします。